水遊び:エリアトラウト ラインリーダーについて(おすすめリーダーと結束について)

こんばんは、うみがめです!

 

今回は、うみがめがエリアトラウトで使用しているラインシステム「メイン:ナイロンライン+リーダー:フロロカーボン」についてです。

うみがめが色々な管理釣り場さんを回っている中で大物をキャッチする為には、今一番かなぁと思っているシステムです。

一度ライン紹介でうみがめは、「メイン:ナイロンライン+リーダー:フロロカーボン」で使用していると書きましたが、今回はより詳しく紹介したいと思います。

 

・フロロカーボンの有用性!

うみがめは、フロロカーボンのラインは「大物を狙うには非常に有効」だと思っています!

フロロカーボンはその擦れに強い特性で、大物の口やエラ等に当たった際に切れる事無く、キャッチ率を上げてくれるラインだとうみがめは思います!

(特に♂の鼻曲がりの個体は、口が大きく歯にラインが擦られることが多くなります!)

 

うみがめは、エリアトラウトを始めた時はナイロンで釣りを行っていました。

すると、40㎝位のトラウトなら高確率でキャッチ出来るのですが、50㎝を超えてくる大物になると途端にキャッチ率が下がってしまっていました。

特にラインが切れるのが、スナップの結び目では無く、その結び目の近くです。

ナイロンでは、大物のトラウトの口やエラ等の体に当たって切れる事が多いと実感していました。

 

フロロカーボンが大物に対して有効だと感じたのは、うみがめが青森県の管理釣り場のフィッシングエリアウキウキさんで釣りをしていた時です。

フィッシングエリアウキウキさんはかなり大物を放流されていて、50㎝なら結構頻繁に釣れる管理釣り場さんです。

そこで釣りをしている時に何とかラインブレイクを減らしたいと思い、初めてフロロカーボンで釣りをしました。

すると大物を掛けた時にラインブレイクする事が少なくなりに本当に驚きました!

 

フロロカーボンの擦れに強い特性で、トラウトの口やエラ等の体に当たっても切れる事無く耐えてくれました。

 

フロロカーボンにするだけで、大物を掛けた時のラインブレイクがこんなに少なくなるんだ!と知り、エリアトラウトでのフロロカーボンを使う有用性を学びました。

 

・なぜメイン:ナイロン+リーダー:フロロカーボンなのか?

それは、「色々な管理釣り場さんに対応する為」です!

フロロカーボンの欠点は、比重が重く、クセが付きやすいのでロングキャストが出来ない事だとうみがめは思っています。

 

うみがめは、フィッシングUKさんでフロロカーボンの有効性を知ってからは、最初フロロカーボンだけで釣りをしていました。

フィッシングUKさんで釣りをしている分には、ナイロンより少し絡まるのが多いかなぁ位で特に不自由はありませんでした。

ところがある日、お気に入りの管理釣り場さんの一つ、長野県の鹿島槍ガーデンさんに行った際にフロロカーボンだけでは全く釣りが通用しませんでした。

 

鹿島槍ガーデンさんは池の規模が広く、ロングキャストが必要になって来ます。

フロロカーボンだけでは、ロングキャストするとロッドのバットにラインが当たり、飛距離が出ませんでした。

飛距離が出ないだけなら未だしも、キャストしている途中でラインが絡まる事が多く、釣りになりませんでした。

結局その日は、受付でナイロンラインを購入して、スプールに巻き直して釣りをすることになってしまいました。

 

この鹿島槍ガーデンさんの経験があり、規模の大きな管理釣り場さん両方対応出来るように今の「メイン:ナイロンライン+リーダー:フロロカーボン」になりました。

・メイン:ナイロンライン+リーダー:フロロカーボンの欠点

リーダーを使用する欠点は、ガイドが凍った時にどうしても結びコブがあるので、直ぐに引っ掛かってしまうことです。

ナイロンやフロロカーボン単体で使用しても、ガイドが完全に凍るとキャスト出来なくなるので、仕方ないかなぁとうみがめは諦めています。

それよりも、大物のキャッチ率を上げる方が大切と考えています!

 

・おすすめのフロロカーボンリーダー!

今うみがめが使っているリーダーは、

「スーパートラウト エリア マスターリミテッド ショックリーダー VSP フロロカーボン(バリバス)」です。

 

今、エリアトラウトではこれしか使っていません。

気に入っている点は

 

①フロロカーボンでありながら、ワンランク細い!

ナイロンで1ランク細いラインは良くありますが、フロロカーボンではなかなかありません。

エリアトラウトでは、軽いルアーを使用するので、ラインが細い方がルアーを操作し易くなります。

「4lb.で0.8号、3lbで0.6号」と他のラインより細いのは、非常に魅力です!

 

②ケースが使い易い!

うみがめは、タックルボックスにリーダーも一緒に入れています。

最初にラインが入っているケースは箱では無く、チャック式の袋なのでかさ張らなく場所を取りません!

又、雨が降っても大丈夫なウォータープルーフで、尚且つ外で使用してもUVプルーフでもあるので紫外線によるラインの劣化を防いでくれます!

本当に使用する釣り人のことを考えて作られたありがたいケースです!

・結束はトリプルサージェンスノット

うみがめは、ナイロンラインとフロロカーボンはトリプルサージェンスノットで結束しています。

YouYube等で調べて頂いたら、分かると思いますがかなり簡単です。

それでいて、60㎝アップのニジマスやブラウン、80㎝アップのイトウが来ても全く問題はありませんでした。

 

うみがめは念の為一回大物を掛けたら、スナップの接続とリーダーの結束を結び直すようにしています。

少し面倒ですが、切れたら元も子の無いので結び替えた方が後悔しないと思います!


・まとめ

フロロカーボンはその擦れに強い特性で大物をキャッチするのに非常に有効なラインです。

ナイロンはクセが付きにくく、扱い易いのが魅力です。

うみがめは、その良いとこ取りをした「メイン:ナイロンライン+リーダー:フロロカーボン」のシステムでエリアトラウトの釣りを楽しんでいます!

 

ナイロンだけの釣りで大物に切られて悔しい思いをしている方は、是非一度試してみて下さい!

確実にキャッチ率が上がると思います!

 

最新情報をチェックしよう!