水遊び:エリアトラウト タックル(ミノー・シャッドフック)

こんばんは、うみがめです。

続いては、ミノーとシャッドに使用しているフックについて紹介します。

・SBL-55とSBL-75だけ!

こちらのフックは絞り込んでいて、

うみがめは

①SBL-55(カルティバ)

②SBL-75(カルティバ)

だけを使用しています。

(スプリットリングを2個繋げて、スプーンフックを使用しているのは除きます。)

クランクとかと違い、ミノーやシャッドは魚が激しくバイトするので、フッキング時のフックの刺さり易さは、あまり気にする必要が無いのかなと思っています。逆にフッ素コーティングされたフックを使うのは、スプーンに比べてルアーのボディが大きい分、ファイト中にローリングされた時に、水の抵抗でバレる原因になるのでは、と考えています。

・55と75の使い分け

55と75の軸の太さの使い分けは、トラウトワン エリアスペシャルで使用する5~6㎝の小型ミノーに55、ネクスティーノで使用する7㎝以上のミノーやシャッドには75を使用しています。

f:id:aoumigame3:20190112223115j:plain

ミノーとシャッドのフックに関しては、うみがめはSBL-55と75(カルティバ)で不満を感じたことは無いので、ずっと愛用しています。

最新情報をチェックしよう!