エリアトラウトで大物を獲るには確実に持って置きたい!ランディングネット(おすすめのランディグネットの紹介)

こんばんは、うみがめ(@aoumigamemizu)です!

 

今回は、ランディングネットについてです!

エリアトラウトで大物を確実にキャッチする為に是非、持って置きたいので紹介します!

 

・ナナマルすっぽりネットがおすすめ!

最初におすすめのランディングネットを紹介します。

 

うみがめのおすすめは定番ですが、

「ナナマルすっぽりネット(ウォーターランド)」です!

 

うみがめが、大物をキャッチする為には欠かせないネットです!

大物を狙っている有名な村田基さんが作っているだけあって

本当に大物狙いには最適です!

うみがめは、約6年使用していますが、良いランディングネットだと思います!

 

・なぜランディングネットが必要?=大物を確実にキャッチする為!

エリアトラウトでは、トラウト達の体を握ったり、

地面に置いてルアーのフックを外す事は禁止されています。

基本キャッチ&リリースなので、トラウト達が弱るのを防ぐためです。

 

そのため、エリアトラウトではトラウトからフック外すには

・リリーサーを使って、トラウトを水中にいるままフックを外す

・ランディングネットを使って、一度ネットの中に入れてフックを外す

方法があります。

 

大物については、大物は体が大きく、力が強いので、

暴れるとリリーサーで外す時にラインが切られる恐れがあります。

 

ネットであれば、一度トラウトをネットの中に入れてしまうので

確実にキャッチしてルアーを外す事が出来ます!

 

なので、大物を獲りたい方は是非ランディングネットを使用してください!

 

あと、記念撮影も綺麗に出来ます!

せっかく、大物が釣れたのでしたら綺麗に記念撮影したいですよね。

(うみがめのお気に入りの1枚です!)

 

・6年使っていてのおすすめ点!

ランディングネットが大物をキャッチする上では有効です。

ランディングネットの中で、何故ナナマルすっぽりネットが良いかと言いますと

その理由は、4点あります。

 

それぞれ説明したいと思います!

 

1.ネットの奥行きが深い!

ナナマルすっぽりネットは、ネットの奥行きが深いです!

ナナマルすっぽりネットは、名前にも「ナナマル=70㎝」と付けられているだけあって大物狙いの人向けに作られています。

 

ランディングネットの懐が浅いと大物はネットに入りません。

この時はナナマルすっぽりネットを忘れて、貸しランディングネットを使いました。

体が全く入っていません(笑)

 

画像の時は何とか、トラウトが暴れなかったので良かったですが、

ネットに入らず、最後の最後でバラシてしまうと泣くに泣けません。

 

ナナマルすっぽりネットであれば、ネットの奥行きが深いです。

ネットの奥行きが深いので、80㎝クラスのイトウ・70㎝クラスのニジマスやブラウン等のトラウトを納めることが出来ます!

(実際に80㎝クラスのイトウをネットインした時の画像です!)

 

2.ネット自重が軽い!

ネットの重さが460gです。

500mlペットボトルの飲み物より軽い位です。

大きいネットですと重いと思うかも知れませんが、そんなことはありません。

 

エリアトラウトでトラウト達をランディングする際には、片手でロッドを持って、反対の手でネットを持って行います。

片手なので、あまりに重いとネットを扱いにくいと思います!

 

ナナマルすっぽりネットであれば、

「460g=500mペットボトル飲料より軽い」なので、女性の方でも扱える重さだと思います!

 

3.ラバーネットである!

エリアトラウトでは、キャッチ&リリースが基本になります。

リリースするのであれば、トラウト達に優しい道具を使った方が良いですよね。

 

ナナマルすっぽりネットであれば、シリコンのラバーネットなので、

トラウトの体の表面のヌメリやウロコを取ってダメージを与えることがありません。

とってもトラウト達に優しいネットです!

 

また、管理釣り場さんは、ネットはラバーネットを指定されているところが殆どです。

ナナマルすっぽりネットであれば、もちろんシリコンのラバーネットなので、

どんな管理釣り場さんでも使用することが出来ます!

 

4.持ち運びが楽!

ナナマルすっぽりネットは、

大きいネットだから持って行くことは、大変と思いがちです。

 

しかしながら、ネットの柄がスライド式になっていますので、コンパクトにしまえます。

 

仕舞寸は74㎝と邪魔にならない大きさになります。

 

エリアトラウトは、気軽に行けることも魅力の一つです。

荷物もコンパクトにまとめて、色々な管理釣り場さんに行きたいですよね!

 

・まとめ

エリアトラウトで釣れたトラウト達のフックを外すには、

リリーサーとネットに入れる方法があります。

大物をキャッチするには、ランディングネットがおすすめです。

 

ランディングネットの中でもうみがめは大物をキャッチするには、

ナナマルすっぽりネットを使うのが良いなぁと思っています。

 

大物たちは、賢いので中々口を使いません。

口を使わせて、何とか寄せて来たとしても

ランディングネット次第ではキャッチ出来ないかもしれません。

 

ナナマルすっぽりネットは大物狙いに照準を合わせて作れています。

大物狙いでエリアトラウトをする方には、本当にオススメなので是非使ってみて下さい!

 

============================================

今回紹介した、ナナマルすっぽりネットです!

約6年間使用して数々の大物をネットインしてくれました。

大物狙いの人には、本当にオススメです!

 

最新情報をチェックしよう!