水遊び:エリアトラウト✖群馬県 10月の日本イワナセンター 大物を狙うおすすめルアーと攻略法

こんばんは、うみがめです!

 

それでは、10月6日に日本イワナセンタ-さんで釣行を行った際にうみがめが大物を釣ったおすすめルアーと攻略法について書いてみたいと思います。

下記の記事の内容で7時間券(6:50~13:50)で釣行を行って、60㎝アップを3本キャッチ出来ています。

(その内の1尾の画像です。イロモノは本当に格好良いです!)

 

少しでもうみがめの記事を読んで下さる、皆様の釣りの手助けになれば幸いです!

・おすすめはZERO号池!

うみがめはZERO号池~8号池を回ってみたのですが、大物が数多く入っていたのは、ZERO号池第一エリアと第二エリアでした。

うみがめは、大物を釣りたいならこのZERO号池第一エリアと第二エリアで釣ることをおすすめします!

 

只、ルアー専用でキャッチ&リリース前提の池ですので、持ち帰りをしたい人は他の池で釣りをされて下さい。

 

おすすめルアーと攻略法!

ZERO池第一エリアと第二エリアで釣れたルアーと攻略法が違いましたので、分けて説明したいと思います。

・ZERO号池第一エリアについて

・おすすめルアー!

トラウトの放流されている数が半端では無いので、うみがめは数を釣って大物を混ぜるのを諦めてサイトで狙う事にしました。

使用したルアーは「シャドウアタッカー 4.0g(ロデオクラフト)」です!

 

ZERO号池第一エリアでは、リアクションに特化した釣り方の方がうみがめは反応が良いなと感じました。

タップダンサー(ジャッカル)でも同じようにリアクション狙いで使用しましたが、明らかによりリアクション効果の強いシャドウアタッカー4.0gに反応の軍配が上がりました。

============================================

・攻略法!

うみがめが、シャドウアタッカー4.0gのリアクションに反応する個体は「岩に居ついている個体」でした。

(こんな感じで岩に大物が居着いていました。岩の向こう側にも3尾程います。)

ZERO号池には大物がかなりの数が入っているので、表層~ボトムや手前~沖と各所に大物がいるのですが、結局反応させられたのは「岩に居ついている個体」でした。

 

クリアな水質なので、フラフラ泳いでいたり、何もない所に居る個体は警戒していて、よっぽどルアーが合っていないと反応させられないようでした。

又、結局うみがめは、岸から近くの岩でサイトでしか釣れませんでした。

池の中心にも岩があり大物が居着いているので、今後はこちらも攻略出来ればなぁと思っています。

(沖に岩があり大物がいますが、トラウトが多すぎてうみがめの力量では攻略出来ませんでした。)

 

 

・ZERO号池第二エリア

・おすすめルアー!

第二エリアでは、第一エリアと違って食わせの反応が良かったです!

使用したルアーは「ちびパニクラDR-SS(ジャッカル)」です!

 

使い方は、インレットの流れが効いている場所にキャストして放置し、ゆっくり沈めて行くだけです。

すると、興味を持ったトラウトが近づいて来て、パクっと咥えます!

 

何となくサンペイフィッシングさんの下の池に似ている感じがしたので、使用してみたら釣れてくれました!

============================================

・攻略法!

ルアーの使用法が、ルアーを流れに乗せて放置するだけなので、特別な攻略はありませんが、口元に持って行くことで反応する個体もいました。

トラウトからルアーに見に来てくれなくなったら、口元に流してあげると追加で釣れるかもしれません!

 

・使用タックル

今回うみがめは、「シャドウアタッカー4.0g」も「ちびパニクラDR-SS」も

 

ロッド:トラウトワン エリアスペシャル 66UL(シマノ

リール:カルディア 2004(ダイワ)

メインライン:GT-R Trout SUPER Limited 3.5lb(サンヨー)

+リーダー :SHOCK LEADER 4lb(VARIVAS)

を使用していました。

 

ロッドとリールについては全然問題は無いとうみがめは感じました。

只、ラインについては全部フロロカーボンにした方が良いかなと思いました。

 

というのも、日本イワナセンターさんのZERO号池第一エリアと第二エリアはトラウトの密度が高く、大物が沖に走ってしまうとラインがトラウトの体にぶつかってしまいます。

今回は切られこそしませんでしたが、トラウトの体にラインが当たりテンションが緩んだ為か一度大物をバラしてしまいました。

スレに強く、ナイロンより伸びが無いフロロカーボンの方が、日本イワナセンターさんには向いているように感じました。



・まとめ

今回、うみがめは日本イワナセンターさんに初めて行きましたが、トラウト達の魚影の濃さに圧倒されました!

それでいて、大物も数多く放流されている本当に良い管理釣り場さんと感じました。

 

フェザージグを許容されている管理釣り場さんなので、これから寒くなりボトムにトラウト達が集まれば、フェザージグで手軽に大物と遊べて、ご家族でも楽しめるのかなと思いました。

それでいて、ミノーイングの大会を開催されてエキスいてエキスパートな方々も楽しめるようにされている管理釣り場さんです。

 

クリアな水質なので、一筋縄では行かないトラウト達ばかりですが、色々と池があり、楽しめる管理釣り場さんですので、是非一度足を運んでみて下さい!

最新情報をチェックしよう!