水遊び:ブラックバス✖茨城県 6月の霞ケ浦水系(土浦エリア)

こんばんは、うみがめです!

 

6月10日に霞ケ浦水系(主に土浦エリア)へバス釣りに行って来ました!

 

結果から言いますとバスは坊主でした(泣)

前回バスが釣れたのは、やっぱり友人にポイントを案内して頂いたのが大きかったです。

 

大体、霞ケ浦には8時30分頃到着をして、午前中は霞ケ浦本湖で釣りをしていました。

水門回りや、流入河川の河口部を3/8オンスのスピナーベイトやラバージグで狙っていましたが、全く反応はありませんでした。

 

水門回りで小魚やコイが居いた場所では、スピニングタックルでネコリグやスモラバを使用してみましたが、全然ダメでした。

 

午後、お昼を食べてからは、境川河口、桜川の中流域とその近辺の水路を狙ってみました。

桜川の水路ではコイは本当に沢山居ましたが、バスの姿は見られませんでした。

(何故か、その中の1尾が釣れました!がっつり口に掛かっています!)

 

今考えると水路の方が魚が沢山集まっていたので、流入河川の上流部に行けば良かったのかなと思います。

 

最初、霞ケ浦水系は濁っていて、アピールが強いルアーが効きそうだと思っていました。

しかし、本当にどの場所にもバス釣りをしている人が居て、プレッシャーが相当掛かっていると思いましたので、今後は釣れるエリアが開拓出来るまで、サイズ狙いを捨てて、スピニングタックルで反応を探って、バスが釣れるエリアを探って行こうと思いました。

又、初めて一人で霞ケ浦水系を回って来ましたが、意外と足場が高い場所が多く、今までバス釣りではネットを使用していなかったので、バス用のタモ網を購入して、再度霞ケ浦に挑戦したいと思います!

 

最新情報をチェックしよう!