水遊び:ブラックバス✖山梨県 7月の河口湖②

こんばんは、うみがめです!

 

続いて7月7日の2日目の釣行です。

この日は、翌日から仕事なので、12時までの釣行です。

 

朝は、4時に目が覚めました。

起きてすぐにセブンイレブンに行き、朝食と遊漁券を購入しました。

 

この日も曇りで、バス釣りには良い天気でした。

 

・朝一は西湖からの流入口へ

朝マズメは、前日に魚っ気があった、西湖からの流入口へ行きました。

朝だからトップだと思い、ヤマトJr. SPEC-2(O.S.P)から始めました。

 

しかしながら、前日同様に全く反応が無く、流入口を超えた突き当りまで行きました。

前日ニゴイが釣れた場所では、ポークルアー ポークイモムシの1.8gダウンショットリグで探りましたが、反応はありませんでした。

 

時間も無いので、すぐに移動することにしました。

 
 


・風裏のさかなやワンドへ

今まで風が当たるポイントばかり回っていましたので、今度は風裏になっているポイントに行くことにしました。

車で移動していると、さかなやワンドが風裏になっていたので、そこで釣りをすることにしました。

 

さかなやワンドでは、ニゴイ、コイ、ティラピア?が居て魚っ気がありました。

又、桟橋ではコバスながら、今回の釣行で初めてバスの姿を見ることが出来ました。

 

釣り人が多く訪れている場所なのでスレていると思い、ポークルアー ポークイモムシの1.8gダウンショットリグで探って行きます。

 

しかしながら、ブルブル震える小型魚の当たりは何回かありますが、本命のバスの当たりはありませんでした。

そのままさかなやワンドを西に進んで、もう一つ先のワンドまで行きましたが、結局釣れることはありませんでした。

・最後はロイヤルワンドへ

最後は、帰りのインターから一番近いロイヤルワンドに行くことにしました。

 

最初は、公園の前から河口大橋に向かって、釣りをして行きました。

 

ここもプレッシャーが掛かっていると思い、ポークルアー ポークイモムシの1.8gダウンショットリグで探って行きましたが、反応はありませんでした。

 

河口大橋の下では、ジョインテッドクロー178(ガンクラフト)等ビックベイトを試してみるも、チェイスすら無く、全然反応がありませんでした。

 

この時点で10時30分位であったので、引き返して富士レークホテル側も探ってみることにしました。

スロープや桟橋を探っていくと、一度だけ30㎝位のバスの姿を見ることが出来ました。

しかし、その周辺を探ってみましたが、釣れることはありませんでした。

 

最後に突き当りの溶岩帯を探っていくとバスがチェイスして来ました!

放流魚の残りの個体みたいで、最初にダウンショットリグのシンカーを咥えました。

シンカーを咥えている間はシェイクとか何もせずにポークルアーが口元に落ちていくのを待ちました。

するとバスはポークルアーが口元に来ると思惑通りルアーを咥えてくれました。

そこで合わせを入れましたが、まさかのすっぽ抜けです(泣き)

 

只、ポークルアーが千切れてフックのガードが外れていなかったので、フックには掛かっていなかったようです。

 

再度、ポークルアーを付け直して、先ほどバスが居た足元にルアーを落とすと直ぐにヒット!

 

今度はフッキングが出来、釣り上げることが出来ました!

河口湖名物のコロンコロンした30㎝程の放流魚です!

 

最後の最後ので何とかバスを釣る事が出来ました!

ここで11時50分だったので、これ以上続けても釣れる気はしませんでしたので、納竿して帰宅しました。

 

・まとめ

今回の釣行では、バスは1尾だけしか釣れませんでした。

4月に釣れたのは、放流効果のおかげと認識することが出来ました。

今回放流と放流の間の時期に釣行を行いましたが、バスの姿を見ることも難しく、周りの人も釣っている様子ではありませんでした。

 

数を釣りたい方は河口湖漁協のホームページの放流情報を確認してから釣行に出掛けた方が良いと思います!

 

又、うみがめは結局未だにネイティブの河口湖バスを釣っていないので、今後はまずネイティブのバスを釣る事を目標にしたいと思います!

 

最新情報をチェックしよう!