水遊び:ネイティブトラウト✖北海道 10月の猿払川のイトウ②

こんばんは、うみがめです!

それでは、10月25日~27日に行った猿払川のイトウ釣行2日目の記事です。

 

・5時起床!

日の出が6時だったので、朝は5時に起床しました。

そこから、昨日買っていた焼きそばパンを食べて、5時45分ごろに猿払川に到着しました。

すると多くの場所で車が停まっており、既に皆さん思い思いの場所でタックルの準備をされていました。

うみがめは、風向きは昨日と同じでしたので、イトウの姿を見かけた風上のポイントから開始することにしました。

タックルは昨日坊主であり、少しでも釣れて欲しいので、使い慣れたラテオのタックルセットで行くことにしました。

 

・釣行開始!

段々明るくなるのを感じながら、釣りを開始します!

最初のルアーは、アスリート12SS(ジャクソン)ダブルアカキンです。

 

キャストをしていると川の真ん中辺りでルアーかラインに魚が当たって来て、生命反応があります!

すると、何か魚がルアーに掛かり、鱗だけがフックに付いて来ました!

 

イトウにしては、明らかに大きすぎるので他の魚の様です。

 

その他にもルアーが魚に当たる感触はあるのですが、イトウが釣れることは有りませんでした。

10時位に一度見切りを付けて、下げ潮が始まる14時頃に戻って来ることにしました。

 

・色々場所移動!

少し猿払川下流を離れて場所を移動して見ることにしました。

隣の猿骨川に行ったり、猿払川の支流に行ったりしました。

 

猿骨川では、イトウが小魚を追って足元で捕食をしていたのですが、ルアーで釣る事は出来ませんでした。

追われているベイトを見てみると思ったより小さいサイズでした。

うみがめが、使用しているアスリート12SSでは、サイズが大きすぎて反応しないようでした。

 

もう1か所イトウだと思われるライズが有った場所があるのですが、その場所でもバイブレーション等を使用してみましたが、反応させる事は出来ませんでした。

そうこうしている内に、13時15分頃になったので、最初のポイントに戻ることにしました。

 

(途中で撮影した猿払川の河口です。大波が立っています!)

 

・下げ潮始まり!

最初のポイントに戻ると運良く空いていたので、入る事が出来ました。

 

ルアーは相変わらずのアスリート12SSダブルアカキンです。

14時を過ぎて、そろそろ下げ潮だなと思っていると岸から10m位の場所でヒット!

 

ラテオの強さで直ぐに寄ってくるので、あまり大きくは無いようです。

新調したネットでキャッチ!

60㎝位の小型のイトウです。

大きくはありませんが、又会えたことに感謝して、画像を3枚程取り直ぐにリリースしました。

 

少し場所を変えながら、30分位キャストしていると再度ヒット!

しかしながら、今回はエラ洗いされた時にルアーが外れてしまいました。

フックの軸をバリトーノ93でも使用出来るようにと上げたのが、アダとなってしまったようです。

 

その後は、川沿いを歩いてランガンしていきますが、イトウからの反応はありませんでした。

只、最後の最後にボラがスレが掛かりして、大きな鱗の正体はボラだと分かりました!

(足元でフックが外れて画像に収めることは出来ませんでした。)

 

晩御飯は、気分を変えてカツカレーにしてみました。

しかし、うみがめは食べてから豚丼にすれば良かったなぁと少し後悔しながら、最終日に備えて就寝しました。

 

最新情報をチェックしよう!