2020年のラテロタルススノコギリの飼育(羽化~ペアリング~産卵セット!)

こんばんは、うみがめ(@aoumigameyama)です!

 

今回は、ランバージャックさんの10万円福袋に入っていたラテロタルススノコギリの羽化~ペアリング~産卵セットまでについてです!

 

うみがめはラテロタルススを目当てにランバージャックさんの店舗の前で夜を明かしましたから(笑)、思い入れも一塩です!

(一緒に入っていた、ロンドミヤマとアルナーチャルツヤカブトは、飼育キャパがオーバーしてしまうので手放しました。)

 

それでは、羽化~ペアリング~産卵セットまでの記事をどうぞ!

 

・羽化まで!

1/3にランバージャックさんの福袋を購入した時には、3令幼虫でした。

 

 

そこから、♂は一度マットが劣化したので1度交換しました。

♀は交換しませんでした。

 

そのあとも順調に成長して、

♂は4/21

 

♀は4/7に羽化しました!

 

 

♂は41mm、♀は23mmでした!

 

2019/9に孵化した幼虫とのことでしたので、幼虫から羽化まで約6か月でした!

結構短い期間で幼虫から成虫になるようです!

 

・ペアリング!

♂は5/30に確認したところ、蛹室を壊して外に出ようとしていました!

♀は5/25に確認したところ、蛹室から出てきていました!

25℃管理で後食まで、約1か月でした。

 

その後、約20日後にペアリングをさせました。

最初は、ハンドペアリングさせようとしました。

しかしながら、♂は交尾しようとするのですが、♀が逃げてしまい交尾が成立しませんでした。

 

そこで♂が♀殺ししないかドキドキでしたが(笑)、コバシャ ミニで同居させることにしました。

同居中は喧嘩をすることなく、何度かメイトガードしている姿を見ることが出来ました。

 

きちんと成熟していれば、♀殺しは起きませんでした。

 

・産卵セット!

産卵セットは、福袋を購入したランバージャックの山口店長にWF1の幼虫を採った時の事をお伺いしたところ、

・コナラのバクテリア材とテクニカルアート製のNマットでセット

・温度は25℃前後

と教えて頂きました!

 

うみがめも産卵セットは、教えて頂いた通りに

容器:コバシャ 小

マット:Nマット(テクニカルアート)

産卵木:バクテリア材1本

管理温度:約25℃

 

でセットしました。

セットは7/2に組みました。

同居させていた感じ♀殺しはなさそうであったので、♂と♀両方産卵セットに入れました!

(セットする時の画像を取り忘れていて、♂♀を次の産卵セットに入れた後の状態です・・・)

 

・産卵成功!

7/2~8/2まで産卵セットの中で飼育していました。

外側から卵は見えることはありませんでした。

しかしながら、8/9産卵セットを確認すると外側から幼虫を発見しました!

 

産卵が成功していて何よりです!

 

あとは、1週間ほどしてから割り出そうと思います!

 

・まとめ

今回ラテロタルススノコギリの羽化~ペアリング~産卵まで成功させることが出来ました!

 

それはうみがめの力というより、ランバージャックの山口店長にWF1の幼虫を採った時の情報を頂いたことが大きいです!

 

生体の信頼性・飼育の情報を教えてもらうことが出来るので、

信頼出来るショップから購入するのは大事だと思いました!

 

現在は♂と♀を2回目の産卵セットに入れています!

2回目は産卵マットを変えているので、産卵結果が変わるかどうか楽しみです!

 

また、割り出した幼虫は、Uマット(テクニカルアート)で安全に飼育するの個体達と栄養価の高い発酵マットに入れる個体達で分けてみようと思います!

 

これからの幼虫飼育で何とか頭のコブが大きくなった大型個体を育てられるように頑張ります!

 

============================================

2020年ランバージャックさんの福袋を購入した際の記事です!

ランバージャックさんの他にも福袋の紹介と福袋購入時の気を付ける点をまとめました!

良かったら、こちらも併せて記事を読んで頂けると嬉しいです!

2020年クワガタ福袋3社のまとめと購入した福袋について!

 

ウミガメの定番の飼育容器です!

ラテロタルススノコギリ等中型種には、

ペアリングにはミニ

 

産卵セットには小

 

が丁度良いと思います!

最新情報をチェックしよう!