水遊び:日本三大怪魚アカメへの準備

こんばんは、うみがめです!

今年の目標の一つである「高知でアカメに挑戦する!」の日程を決めました!
航空券、宿、レンタカーは押さえました!

あとは、釣具の準備中です!

・ロッド

一番悩んだのはロッド選びです。

結局ロッドはミーハーですが、アイキャッチ画像にある通りBaritono 93(TULALA)にしました。

 

うみがめが持っているロッドの中で2番目に高いロッドになりました(笑)

 

うみがめはそこまで腕力が強くないので、重く硬いロッドだと振り続けるのがしんどくなるのが目に見えています。

TULALAさんのホームページのBaritono 93の説明を読んで、重すぎず、それでいて中型までのアカメなら普通に獲れるロッドとのことでこのロッドにしました。

うみがめはホームページを読んでTULALAさんの製品作りのコンセプトはかなり良いなと思いました。

 

・リール

リールはカルディアLT5000D-CXH(ダイワ)にしました。

 

前回は1ランク下のキャパのリールでツインパワーとシマノのリールにしましたので、今度はダイワのリールにしたいと思っていました。

使用頻度は、普段のバス釣り等で使うことも無く、そんなに高くないので、中堅クラスで十分だと思い、慣れ親しんだカルディアを選択しています。

ラインをPE2号か3号を想定して、糸巻量を考えた時、番手は5000D-CXHがPE2.5PE号で300m巻きと一番近くこの番手にしています。



・ルアー

ルアーは、

①ミノー:アスリート 14SS・12SS(ジャクソン)

②シンキングルアー:エアーオグル 85SLM(NORTH CRAFT)

③ビックベイト系:ジョインテッドクロー(ガンクラフト)とスーパーシャッドラップ(RAPALA)

 

をメインにして行こうと準備しています。

北海道の猿払川のイトウの釣りでは、ルアーの種類を持って行き過ぎて使用ルアーもあったり、バックが重くなって大変だったので、今回のアカメ釣行では、ルアーは絞って持って行きます!

 

・アスリート 14SS・12SS

北海道の猿払川のイトウ釣りでは、12SSがうみがめのメインルアーであり、かなり信頼しているルアーです。

アカメにおいては、ワンランク上の14SSをメインにしようと思っています。

アカメにどのミノーが良いか絞れていないので、取り合えず自分の中で信じて投げ続けられるルアーを選択してみました。

 

・エアーオグル85SLM

これはアカメ定番ですね!

シンキング系でボトムを探れるルアーをうみがめは手持ちで持って無かったので、定番のオグルにしました。

カラーは、ナチュラル系、パールホワイト系、赤金の3系統を購入しましたので、釣り場で色々と試してみます!

 

・ジョインテッドクローとスーパーシャッドラップ

アカメにビックベイトが効くと調べていましたらありましたので、うみがめも持って行くことにしました。

ジョインテッドクローはバスからの流用でフックを交換して使用します。

スーパーシャッドラップは完全に趣味です(笑)

うみがめの中で一つはラパラ製品を持って行きたいなと思っているので、今回はスーパーシャッドラップを持っていくとこにしました。

・まとめ

旅行はあれこれ準備する時も楽しい一時です!

フックやリーダーについては、もう少し考えたいと思っています。

他にも小物類をちょこちょこ追加していくと思いますが、それは釣行記で紹介したいと思います。

 

高知は行ったことの無い県ですので、アカメ釣行と他にも少し調べておいしいものを食べて、満喫してきたいと思います!

もちろんアカメ釣りは全力です(笑)!

 

最新情報をチェックしよう!