水遊び:アカメ✖高知県 7月の浦戸湾①

こんばんは、うみがめです!

7月19~21日で、高知県のアカメに挑戦してきました!

それまでにロッド、リール、ルアー等の準備をして気分を高めて来ましたので、本当に当日が楽しみで仕方がありませんでした!

 

今回は飛行機を利用して高知県に行きました。

羽田から高知までの往復で約3万6000円と思ったより、早割りを利用すると安く済みました。

 

・高知到着!

11時頃に高知竜馬空港に着きますと台風の影響で生憎の雨でした。

しかも高知市に向かうにつれて激しくなり、高知市に着いた時には本当に台風のような激しさの雨で、釣り場の下見をすることも出来ない状況でした。

 

時間が12時近くのお昼であったことから先に昼食を取ることにしました。

 

やっぱり、高知といえば、カツオのたたきですよね!

うみがめは、ひろめ市場に行き、「やいろ亭」さんのカツオのたたきを頂きました!

カツオのたたきと言えば、ポン酢のイメージでしたが、今回は塩で頂きました。

焼いた時の香りが残っていて、塩の味付けも良く、本当に美味しかったです。

 

その後は、14時位までひろめ市場でお土産を買ったりして、雨が小降りなるまで時間を潰しました。

 

・下見

14時位にひろめ市場を出発して、とりあえず浦戸湾がどんなところか下見に行きました。

 

まず、近くの流入河川を見に行くと大雨の影響で、水の色が既にカフェオレ色になっていました。

 

遠征で時期を選べないとは、ツイていないなとちょっと落胆しましたが、濁りでアカメをルアーで騙せるのでは無いかとポジティブに考えることにしました。

 

途中、川からの流入口で明らかにアカメを狙っている方がいらっしゃいました。

タックルは、かなり大きなベイトリールに、頑丈そうなロッドで、大きなスイムベイトで流れ込みを探っていらっしゃいました。

初めて、実際にアカメ釣りをされている人を見て、タックルのゴツさで、動画で見るよりアカメとのやり取りはかなり力が必要そうだと感じました。

 

その後何ヵ所か河川からの流入口を下見をして、16時半頃に宿にチェックインしました。

・夜本番!

夜ご飯を18時頃になか卯で済ませて、釣りに向かいます。

 

最初は、下見時にアカメを狙っている人が居たポイントに向かいます。

流れがあるポイントなので、アカメが居れば勝負は早そうです。

 

スーパーシャッドラップ(ラパラ)と、アスリートSS14(ジャクソン)で探って見ますが、何も反応は得られませんでした。

 

1か所に留まっても仕方が無いと思い、ランガンをして行きます。

 

しかしながら、どのポイントでも、アカメが居ないのか、ルアーが合っていないのか全く反応は得られませんでした。

ボイルも起こっていないので、居るかどうかさえ分かりませんでした。

橋上から橋脚を見ても、濁っているせいか、アカメが居る様子も見られませんでした。

 

3時位まで雨に打たれながら、色々探ってみました。

 

しかし、残念ながらアカメが居るヒントさえ得られないまま、1日目は終了してしまいました。

 

最新情報をチェックしよう!