2020年トカラノコギリクワガタの成虫羽化結果!

こんばんは、うみがめ(@aoumigameyama)です!

 

今回はうみがめがクワガタの中でも特に好きな種類の一つ、中之島産トカラノコギリクワガタについてです!

 

2019年から幼虫飼育している個体達がようやく全て羽化しましたので、結果を紹介します!

 

2019年の幼虫飼育では、11/18にPit 粗目(ドルビーインセクト)・WISH-Aグローバル大阪)・G-pot(フォーテック)の3種類の菌糸瓶に投入しました。

そして、4/27に恵栽園さんのクワガタ発酵マットを詰めたブロー容器に投入して、羽化させました。

 

それでは、菌糸瓶の銘柄毎に羽化サイズの結果を紹介したいと思います!

 

・Pit 粗目(ドルビーインセクト)の羽化結果!

最初は、「Pit 粗目」の羽化結果です!

13.5g→66mm 14.0g→68mm 17g→69mm

6.5g→35mm 7g→37mm

 

惜しくも70mmに届きませんでした・・・

うみがめが飼育すると70mmが壁になるんですよね・・・

特に17gの幼虫は72mm位になるのでは?と期待していただけに残念です。

 

・WISH-A(グローバル大阪)の羽化結果!

続いては、「WISH-A」の羽化結果です!

13.5g→66mm 16g→67mm

7g→36mm 7g→37mm 7.5g→37mm

 

「WISH-A」でも70mmに届きませんでした・・・

16gの幼虫が居たので、コイツは超えてくれるかなぁと思っていたんですけどね。

難しいですね!

 

・G-pot(フォーテック)の羽化結果!

最後に「G-pot」の羽化結果です!

14.5g→65mm

6.5→34mm 6.5g→35mm 7g→35mm 6.5g→★

♂は1頭しかいなかったので、何とも言えません・・・

ただ、2019年羽化時は14.5gの幼虫でも最大70mmになってくれました・・・

 

・まとめ

2019年に♂の比べて平均・最大体長共に下がってしまいました・・・

・2019年平均:68.25mm→2020年平均:66.83mm

・2019年最大:70mm→2020年最大:69mm

 

考えられる原因としてうみがめは「1本目の菌糸瓶投入時期が遅かった」と思っています!

2018年は8/4に対して2019年は11/18に1本目の菌糸瓶に投入しました。

 

 

体重だけみれば、17gや16gと前年を超える幼虫が出てきています。

しかしながら、羽化してみると70mmに届きませんでした。

「1本目の菌糸瓶投入時期が遅かった」ことで、幼虫の成熟期間が短くなって、体重が体長に反映されなかったのかぁと思っています。

(あくまでうみがめの推測です!)

2020年は6/25に1本目に投入しているので、また様子を見てみようと思います!

 

2020年は2019年羽化結果が良かったドルビーインセクトさんの「Pit」D.D.Aさんの「F-ZERO」で既に幼虫飼育をしています。

また2020年についてもエサ交換する際には記事にしますので、宜しくお願い致します!

 

============================================

うみがめの国産ノコギリクワガタ飼育の基本です!

こちらも合わせて読んで頂ければ、幸いです!

国産ノコギリクワガタの飼育解説!(産卵~幼虫飼育~羽化まで)

最新情報をチェックしよう!